リンリン

クリニックでの脱毛もクーリングオフができるの?

MENU

クリニックでの脱毛もクーリングオフができるの?

 

脱毛サロンで行われる脱毛は、クーリングオフ制度の対象となっています。

 

ですが、クリニックなどの医療機関で行われる脱毛は、クーリングオフ制度の対象ではありません。

 

医療機関で行われる脱毛以外にも、美容に関係する施術がクーリングオフ制度の対象ではないのです。

 

 

クーリングオフができないと、契約したあとにやっぱり解約したいと思ってもできないので困ってしまいますよね。

 

ですが、クリニックで行われるレーザー脱毛は医療行為に当たるので、クーリングオフの対象ではありません。

 

そのため、途中で解約しても支払ったお金は返ってこないんです。

 

 

ところが、特定商取引法が改定されることによって、クリニックで行われる脱毛もクーリングオフ対象になるようです。

 

クーリングオフができるようになれば、施術を受けてみてお肌に合わなかったという場合でも、クーリングオフ期間であれば、契約後でも解約することができますし、お金も戻ってきます。

 

 

クリニックで行われるレーザー脱毛は、光の照射パワーが強いので、効果がよく出る反面お肌への刺激が強いというデメリットもあります。

 

お肌への刺激が強いということは、お肌にトラブルを引き起こす可能性が高くなってしまうということです。

 

 

ただし、施術を受けて、

 

  • お肌にトラブルが起こるかどうか?
  •  

  • 自分に合っているかどうか?

 

というのは分かりません。

 

それでも、医療機関であるため、万が一トラブルが起こっても医師が対応してくれますし、痛みが少なくなるように麻酔を使ったりしてくれます。

 

 

しかし、お肌のトラブルや施術の痛みが心配だと感じる方もいるでしょう。

 

そのような方は、クーリングオフ制度が使えるとうれしいですよね。

 

医療機関での脱毛を考えている方は、クーリングオフ制度が導入されてから施術を受けることをオススメします。

 

このページの先頭へ