リンリン

脱毛サロンでの施術はどうして痛いの?

MENU

脱毛サロンでの施術はどうして痛いの?

 

脱毛サロンやクリニックで脱毛を始める方は、多いことと思います。

 

脱毛をすると、今まで大変だったムダ毛の自己処理をしなくてもよくなりますし、自己処理によるお肌のトラブルも軽減されます。

 

このように、脱毛にはメリットが多いので始める方も多いのですが、脱毛の施術のときには痛みを感じると言われています。

 

 

クリニックで行われるレーザー脱毛よりは、脱毛サロンでの光脱毛の方が痛みは少ないとされています。

 

ですが、どちらの施術も、多少なりとも痛みを感じるものです。

 

では、脱毛で痛みを感じてしまうのは、どうしてなのでしょうか?

 

こちらの記事では、脱毛で痛みを感じる理由について、お話していくことにします。

 

 

脱毛の施術で感じる痛みと関係があるのは、光を当てる部分の毛の濃さです。

 

脱毛マシンというのは、メラニン色素である黒い部分に反応するようになっています。

 

そのため、光を当てる毛が濃いと、光をよく吸収してしまいます。

 

光脱毛は、熱の力で毛根を破壊するため、光をよく吸収してしまう濃い毛にかかる熱量は大きくなってしまい、痛みが強く感じられるのです。

 

 

特に痛みを強く感じやすいのは、VIOラインです。

 

ちなみに、男性が脱毛をする場合は、毛の濃いヒゲの脱毛で痛みを強く感じるようです。

 

また、痛みの感じ方には個人差があるので、VIOラインの脱毛でもあまり痛みを感じないという方もいます。

 

ただし、できるだけ痛いのは避けたいという方は、痛みを感じやすい部分の脱毛はやめておくといいかもしれません。

 

 

VIOライン以外にも、脚や腕の脱毛でも痛みを感じる場合もあるので、施術を受けるときは多少の痛みを伴うと思っておくといいでしょう。

 

痛みの感じ具合について気になる方は、自分が脱毛を受ける脱毛サロンのスタッフにあらかじめ相談しておくといいかもしれませんね。

 

このページの先頭へ